忍者ブログ
世の中に広がる様々な情報を分析・成功に近づくマメ知識などをカテゴリ別に検証しご紹介します
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WEB2.0とは

 

 ここ最近、インターネット上で話題を呼び始めている【WEB2.0】というキーワード、ご存知ですか?

おそらく、これからはどんどんこのWEB2.0がネット業界を引っ張っていく存在になるのは確実。そこで、今のうちにWEB2.0のことを学習しておくと良いでしょう。

 ここでは、WEB2.0に関する主な概要をご説明します。

 WEB2.0を簡単な言葉に訳すと「次世代インターネットサービス」という風に捕らえることが出来ます。

パッと見、2.0という数字を見て、「ソフトウェアのバージョン?」と思われるかもしれませんが、現在のブラウザシステムが利用できないコンテンツであるとかではないのでご安心ください。

これからの新しいインターネットサービスのあり方を数字で表すとWEB2.0という表現になっただけの話であって、ブラウザが劇的に変わるといった表現ではありません。




 WEB2.0を説明する前に、WEB1.0とWEB1.5について簡単に説明したいと思います。

WEB1.0とはめったに更新されないHTMLで作られたWEB。つまり、とても更新頻度の少ない簡潔なWEBサイトのことを言います。

それに大してWEB1.5とは、常に変化があって動的なコンテンツ(サービス)を含むダイナミックなWEBである。WEB1.0に比べ、極端に動的なWEBサイトやサービスのことです。




 そしてWEB2.0… 今現在の段階で、WEB2.0自体の概念については未だ議論中なため、その定義は曖昧なようですが、大まかな枠組みとしては、WEBコンテンツやサーバー同志が密接に絡み合い、連動し、WEBサイトやインターネット事態が社会的ネットワークとして動作するといった意味合いです。

 例えば、ソーシャルネットワーキングサイト、mixi(ミクシィ)など、多くの人が構成し、変更できるといった形を取るWEBサイトや、現在では利用者の多いウェブログなどもWEB2.0だと言えます。

 少し難しい説明になりましたが、無理やり簡単に言うと、今までのWEB(1.0と1.5)はそのWEBの製作者がサービスを提供する段階で完結しており、ユーザーはそれを利用するだけ。という形のインターネットの形。

 2.0の場合は、その製作者にかかわらず、外部からそのデータを呼び出し、編集し、共有できるようなシステムの構築のことを指します。そのいい例がmixiやブログということ。もし、mixiやブログを利用している人であれば、すでにWEB2.0を利用しているということですね。



 これからはもっともっとこのWEB2.0が発展してゆくことは確実です。それに伴ってのビジネスチャンスや危険も当然出てきます。インターネットはまだまだ発展途上なので、これらの情報を少しでも覚えておくことが、成功への道を切り開く「糧」になるでしょう。

 


 

発行元:ノウハウ.com 編集者:木村

 


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


知っ得講座とは
【知っ得講座】とは、皆様のインターネットライフや叶えたい夢などをサポートするための知識置き場です。
ここの情報がお役に立てれば幸いです。
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
忍者ブログ | [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ノウハウ,com
性別:
男性
ブログ内検索